ホーム > コラム > 知識・雑学 > 【ソムリエコラム】お酒の新習慣!?フランス発の「アペロ」って知っている??
2018.10.23
ワイン

【ソムリエコラム】お酒の新習慣!?フランス発の「アペロ」って知っている??

アペロで飲まれるお酒

アペロはあくまでも次の食事がメインとしていることを頭に置いて楽しむことが大切でした。

では、お酒はどのようなものを選べば良いのでしょうか?

スパークリングワイン

シャンパーニュをはじめとしたスパークリングワインは、食前酒の王道中の王道です。心地よい泡で、食欲が増進する効果もあります。

日本でも、披露宴などの席ではまずシャンパーニュで乾杯しますよね。また、レストランなどでも一杯目にスパークリングワインを注文するという方も少なくありません。

キール

フランスで食前酒として親しまれているキール。白ワインにカシスリキュールを少量加えて混ぜたカクテルです。

また、シャンパーニュもしくはスパークリングワインにカシスリキュールを少量加えて混ぜたキール・ロワイヤルも人気です。
いずれも甘酸っぱい風味が特徴です。

その他のカクテル等

その他にも、スパークリングワインに桃のジューとグレナディンシロップを少々加えてかき混ぜた「ベリーニ」や、シャンパーニュもしくはスパークリングワインとオレンジジュースを等量ずつ混ぜた「ミモザ」などといったカクテルも、アペロで親しまれています。

また、暑い夏にはソーダと白ワインを混ぜた「スプリッツァー」というオーストリア発祥のカクテルも、爽快で飲みやすく、人気なのだとか。

いずれにしても、炭酸や軽めで飲みやすいお酒が人気のようですね。

アペロを楽しんでみてはいかが?

フランスでは広く根付いているアペロ。

アペロを楽しむためにおすすめの料理やお酒を紹介しましたが、あくまでもアペロの時間を楽しむことが大切です。

日本でもこのようなスタイルの飲み会がもっと浸透したら、家族との時間や自分のために使える時間が増え、ワークライフバランスも取りやすくなるかもしれないですね。

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

石関華子

石関華子

埼玉県出身、高知県在住の一児の母。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。日本ソムリエ協会香川・徳島・高知支部所属。日本橋三越のワイン担当を経て、現在は高知県の井上ワイナリーの広報アドバイザーや、ワインの講師などを務めています。少しでも多くの方と、ワインの楽しさを分かち合えれば嬉しいです!

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation