TOP / お酒を選ぶ / ビール・発泡酒 / あなたは答えられる?「地ビールとクラフトビールの違い」

オススメのクラフトビール

ここからは筆者的オススメのクラフトマンシップあふれる!!!!
クラフトビールをご紹介します!!!

富士桜高原麦酒「飲み比べ4本セット」

富士桜高原麦酒は山梨県河口湖で製造するクラフトビールです。

清らかな富士山天然水と、ビールの本場・ドイツで技術を習得した醸造士が生み出す、本格的なドイツスタイルのビールを楽しむことができます。

こちらのセットは富士桜高原麦酒のレギュラービール「ピルス」「ヴァイツェン」「ラオホ」「シュヴァルツヴァイツェン」のセットとなっています。

どれも個性的な上、しっかりとした旨味を感じることができますよ。

もちろん贈答用としても最適!!

COEDOビール 6本セット

クラフトビール開始宣言をし、ビールのラインナップを一新したことでも注目を集めた埼玉県のコエドブリュワリー。

地元・川越の名産「さつまいも」を使用した世界的にも珍しい「紅赤-Beniaka-」が有名ですよね。

日本が世界に誇るクラフトビールで、iTQiクリスタルテイストアワードとして殿堂入りするなどの功績も残しています。

こちらは代表格「紅赤-Beniaka-」を含む個性あふれるコエドビールの6本飲み比べセットです。

お歳暮やお祝いなどに贈っても喜ばれること間違いなし!!

created by Rinker
COEDO(コエド)
¥3,000 (2021/08/05 21:51:55時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

「地ビール」と「クラフトビール」には定義がありません。

あえて特長をあげるなら、地ビールはピルスナータイプ、クラフトビールはエールタイプが多いということです。

クラフトビールには同じシリーズからテイストの異なった商品が展開されているものもあります。飲み比べてみるのも楽しいですよ♩