ホーム > コラム > レビュー > 豊かな大地「青森」が育む美味しい日本酒ランキング!おすすめTOP10を発表!
2019.9.21
日本酒

豊かな大地「青森」が育む美味しい日本酒ランキング!おすすめTOP10を発表!

世界自然遺産の白神山地を筆頭に、豊かな自然が残る青森県。その大地の恵みは日本酒造りにおいても存分に活かせられており、酒造好適米「華吹雪」や、華吹雪と山田錦を掛け合わせた「華想い」は、数々の名酒に使用されています。

今回はそんな、豊かな大地「青森」が育む美味しい日本酒ランキング、おすすめTOP10をご紹介。これを読んで、ぜひ青森の魅力にどっぷりハマってください!

※こちらの日本酒ランキングは、Googleのキーワード検索の結果やネット上の口コミ・評価など、複数のソースを基にnomoooが独自に選定しているものになります。あくまでこの順位や数値は、参考の1つとしてご理解ください。

10位「吟醸 神の座」

吟醸 神の座」は、青森県西津軽郡の尾崎酒造が醸す日本酒。
尾崎酒造は萬延元年(1860年)創業、世界自然遺産である白神山地の麓に位置する鰺ヶ沢町の老舗の酒蔵です。

俳優の"森繁久彌"氏が愛し命名したという逸話がある名酒。
同商品はそんな神の座の中でも定番の一本です。

仕込み水には白神山地の湧き水を使用しているんだとか。
酸度が少なく、綺麗な酒質の日本酒のため、クセも少なく万人受け間違いなし。

香りは強過ぎず、ほのかに立ち上るので料理の邪魔をしません。
口当たりは優しく、さらりとした喉越しが特徴なので、トータルで飲み飽きせず、いつまでも楽しんでいられるような仕上がりになっています。

日々の晩酌のおともに相応しい、優しく寄り添ってくれる名酒です。

購入はコチラから

9位「安東水軍 特別純米酒」

安東水軍 特別純米酒」は、青森県西津軽郡の尾崎酒造が醸す日本酒です。
先ほどの「神の座」と同じ酒蔵が醸しています。

神の座と同じ蔵元の商品ながら、少しタイプが違うのが同商品。
軽やかなキレがありつつ、しっかりと膨らむ米の旨味が特徴です。

ぬる燗で飲むのもオススメで、より膨らんだ米の味わいは、ゆっくりと日本酒を楽しみたい日にピッタリ!
おでんなどの汁物と合わせると、特に美味しく楽しめます。

ちなみに「安東水軍」とは、かつて青森周辺で有名だった海賊の名前からとっているのだとか。
きちんと主張する同商品の味わいは、彼らをイメージしているのかもしれません。

購入はコチラから

8位「特別純米 特別契約栽培 作田」

特別純米 特別契約栽培 作田」は、青森県上北郡の盛田庄兵衛が醸す日本酒です。
酒蔵周辺地域はもともと購買力が高かったことから、江戸時代になると近江商人などがこの地にきて商業が発展していきました。安永6(1777)年創業、創業者である盛田庄兵衛も滋賀県野田村出身の近江商人がルーツとされているんだとか。

同蔵の代表的な日本酒の銘である「駒泉」は“駒の里に清らかな水が湧いている”という伝説が由来しているそう。

今回ご紹介するのは、特別契約栽培米を100%使用した、こだわりの一本である「特別純米 特別契約栽培 作田」。
中辛口のバランスは素晴らしく、飲み手・シーンを選びません

飲み口の軽やかさと、コクをあわせ持っているのでいつまでも飲んでいられちゃいます!

食事との相性も非常によく、和食を中心に様々な料理と好相性なので、ぜひあなたの好きな料理と一緒に楽しんでくださいね!

購入はコチラから

7位「純米酒じょっぱり」

純米酒じょっぱり」は、青森県弘前市の六花酒造が醸す日本酒です。
六花酒造は、昭和47年に津軽を代表する3蔵「白藤」「白梅」「一洋」が合併して誕生した酒蔵。

そんな「じょっぱり」のスタンダードな純米酒であり、淡麗辛口な味わいながら滑らかな喉越しを感じられるのが特徴です。
「じょっぱり」とは津軽弁で「意地っ張り」「頑固者」を意味する言葉。
じょっぱりが誕生した当初、世の中は“甘口日本酒の全盛期”でした。しかし「じょっぱり」はそんな世の中の風潮に逆らい、どこの酒にも似ていない辛口端麗な味わいを貫いたのです。

同商品は口当たりは淡麗ながら、飲んだあとに米の旨味が存分に感じられるので、冷や・常温・ぬる燗・熱燗どの温度帯でもおいしく楽しめますよ。

青森が誇る世界遺産、白神山系の地下伏流水のみを使用したこだわりの一本。
大地の恵みが詰まった一杯をどうぞご堪能あれ!

購入はコチラから

6位「鳩正宗 特別純米 華吹雪55」

鳩正宗 特別純米 華吹雪55」は、青森県十和田市の鳩正宗が醸す日本酒です。
鳩正宗の前身である稲本商店醸造部は明治32年に創業しました。

創業当時は、近くを流れる稲生川を由来とし、「稲生正宗」の銘柄で親しまれていました。
しかし、昭和初期のある日、一羽の白鳩が蔵にやってきて、神棚に住みついたんだそう。
当時の当主であった先々代は、信仰心がとてもあつく、この鳩を家の守り神として大切に育てていたんだそう。その後鳩が亡くなってしまったとも、鳩神様として祀り、以後「稲生正宗」を「鳩正宗」に改名したんだとか。ハートフルエピソードですね。

同商品には、青森を代表する酒造好適米「華吹雪」を使用。
精米歩合55%まで磨き上げた特別純米酒です。

弱すぎず、強すぎない、絶妙なバランスで主張してくる米の風味が楽しい一本
穏やかでありながらフルーティーな香りとさっぱりとした飲み口も特長的です。

少しゆっくり飲みながら、様々な料理と一緒に楽しむのがオススメ。

華吹雪らしさを感じ取れる日本酒なので、この酒造好適米の味わいを知りたい方はぜひ同商品をご賞味ください!

購入はコチラから

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

ワキヤ

ワキヤ

日本酒を愛する元バンドマン。趣味は昼から飲むはしご酒。よく千住で一人酒してます。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation