日本酒を若者に伝えたい!「蔵ギャル」のひー坊です

ひぃ坊(今泉 宏美)
Written by
kuragal_top

日本酒と若者を繋ぐ架け橋に 蔵ギャル 今泉宏美です。
 
みなさんはじめまして。
 
今泉宏美と申します。
 
わたしは若者が日本酒離れをしている今、日本酒の良さ、美味しさをたくさんの人に知ってもらうために『SAKEプロジェクト』を立ち上げ、蔵ギャルとして活動しています。
 
※SAKEプロジェクトとは・・・「蔵ギャル」今泉宏美が日本の伝統と文化を日本酒を通し、現代の若者に伝えていくプロジェクトです。
 
この度、日本酒を愛する若者代表としてコラムを書かせて頂くことになりました!
 
はじめましての今回は、そんな『SAKEプロジェクト』を始めるまでの道のりを紹介させて頂きますね。
 
 

農ギャルプロジェクトを通じた日本酒との出会い

090


 
私が日本酒に出会う前。始めは「農ギャルプロジェクト」という若者に食の大切さを知ってもらう活動に参加させていただいてました。一見、真逆の立ち位置にいるギャルがまさか農業?!という切り口で、若者への農業文化を啓蒙するプロジェクトです。
 
※農ギャルプロジェクトとは・・・若者に食や農業に興味を持つキッカケを作るプロジェクト。
 
こちらは沢山のメディアに取り上げて頂いたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
 
私はこの活動を通して、自分自身が食の大切さ、農家の方の大変さを体験して学び、気づくことが出来ました。
 
そこで学んだことを活かし、自分でもなにかやりたいと思っていた時、日本酒が若者に呑まれなくなっている現状を知りました。
 
 

若者向けオリジナル日本酒「ひー坊」を製造

hibo02


 
日本酒は日本のとても大切な文化の一つ。「國酒(こくしゅ)」とも言われているのに、若者が日本酒離れをしていたら大切な文化がいつかなくなってしまい、そして、胸を張って国酒といえないと思いました。
 
もっと気軽に日本酒を呑んでもらいたい
 
そんな想いから、秋田の横手にある阿櫻酒造さんの協力の元、呑みやすくてフルーティーな日本酒「ひー坊」を造りました。
 
 
hibo01
 
この活動を通して、私が感じたこと、日本酒を創る蔵元さんがどうゆう思いで日本酒をつくっているかということを自分の口で、言葉で、伝えたいと思ってます。
 
そして、私は蔵元さんと若者の架け橋のひとつになりたいと思っています。このコラムでも、1人でも多くの方に日本酒の良さをつたえていけたらと思っていますので、皆様これからよろしくお願いします!
 
画像出典:農ギャルプロジェクト

NOMOOO MAIL MAGAZINE

毎週3回NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報、お酒イベント情報をお届けします。登録フォームにメールアドレスを入力し、購読ボタンをクリックするだけ!簡単にお酒にまつわる情報が届きます。

11

東京都の蔵元の日本酒を楽しもう!「東京地酒呑切り2014」が開催

よなよなエールやワイナリー直送ワイン!美味しいお酒が気軽に楽しめ…

7