お酒を飲むと眠くなるのは何故?お酒と眠りの関係性について詳しく解説!

お酒を飲むと眠くなり、お店や駅で寝てしまう方もいます。お酒を飲んで饒舌になることもあるのに、眠くなることもあるというのはなんだか不思議ですね。今回は、お酒を飲むと眠くなる理由と寝酒の影響についてご紹介したいと思います。

お酒をのんで眠くなるのはアルコールが原因

お酒 眠くなる


お酒には、エタノールという脳を麻痺させる成分が含まれているため、お酒を飲むと眠くなります。お酒を飲み始めて大脳皮質だけが麻痺しているときは、機嫌が良くなったり悪くなったりしますが、小脳まで麻痺すると酩酊し、さらに海馬が麻痺すると泥酔し記憶ができなくなります。

すぐ眠くなるようになったら肝臓からのSOS?

お酒 眠くなる


お酒に含まれるアルコールは、肝臓で分解されるので、アルコールの作用によって脳が麻痺する状態が、以前より少ない量のお酒で起こるようになったということは、前より肝臓の機能が弱っている可能性があります。

寝酒が体に悪い理由3つ

理由1:肥満を招く

お酒 眠くなる


お酒を飲むと食欲増進効果があり、また酔うことで食べ過ぎを控えるという気持ちがなくなり、たくさん食べてしまいがちです。そして、寝ている間はエネルギー消費が少ないので、使わないカロリーが脂肪となり、肥満の原因になります。

理由2:眠りの質が下がる?

お酒 眠くなる


血中アルコール濃度が低めのとき、覚醒作用があります。そのため、寝ている途中に、血中アルコール濃度が低下してくると、覚醒作用で睡眠が浅くなってしまいます。睡眠中に深いノンレム睡眠と浅いレム睡眠が交互に繰り返されるところ、ノンレム睡眠が減ると、脳が十分に休まりません。

理由3:不眠症になる?

お酒 眠くなる


アルコールには耐性があるため、寝酒の量が増えていきがちですが、寝酒を多く飲む習慣がある人が急に止めると、なかなか眠れないということが起こります。そのうえ、深いノンレム睡眠が少ない睡眠パターンになっているので、脳が十分に休まりません。

お酒を飲んでも眠くならないために

お酒 眠くなる

お酒を飲むとすぐ眠くなってしまうという方のため、眠くならないための方法をお伝えします。ただ、基本的に眠くなるというのは生理現象なので完璧に対処できるというものではないということをご理解ください。

ポイントは「適度に水を飲む」ことと「ゆっくり飲む」で飲むことの2点です。これらを意識してアルコールが体に回るスピードをおさえることがポイントですね。お酒に弱くてすぐ眠くなってしまうという方はこの辺りを自覚しながら飲むと良いでしょう。


アルコール依存症や生活習慣病につながってしまうと、後で苦労するので、寝酒をたくさん飲む習慣は止めておきましょう。少量のお酒はリラックス効果があって、楽しむためのものですから、寝酒はせずに、細く長くお酒を楽しみましょう。

ライター

かんすけ

将来の夢は木でできた鶏になること。甘いもの好きだし、お酒も好き。猫も好き。

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報、
お酒イベント情報を、お届けします

CATEGORY - カテゴリ一覧

ページトップヘ