絶対に呑んではいけない!世界で最もアルコール度数の高いお酒TOP10

 
皆さん、「高い」お酒の度数と聞いて、いったいどのくらいの数字を浮かべますか?ウイスキーの40度ですら喉を通るアルコールの熱でやられてしまいますよね。しかし、世の中にはさらに上のお酒があるのです!

今日は絶対に呑んではいけない!世界の高アルコール度数のお酒TOP10をお送りします!


 

10位 ケーデンヘッド・エンモア1990/2000(フランス 75.7度)【スピリッツ】

ケイデンヘッド エンモア 15年 72.5度 700ml6,050円(税込 6,534 円)モラセス(糖蜜)の強い香り。非常に甘く、アニスを伴って若干スパイシーで余韻が長い味わい。商品詳細はこちら

フランスのヴェルサイユ原産のラム酒です。ヴェルサイユの蒸留所は現在は閉鎖されているため、非常に希少価値の高いお酒で所蔵品としても人気があります
 
  

9位 カロニー・オールドヴィンテージラム(イタリア 77度)【スピリッツ】

dsc-7108_IM88402

出典カロニー・オールドヴィンテージラム

トリニダードトバコのカロニー蒸留所のラム酒をイギリスでボトリングしたものですが、こちらも蒸留所の閉鎖によって現在は生産していません。

カロニシリーズはこちらから
  

8位 ストロー80オリジナル(オーストリア 80度)【スピリッツ】

188_640x640-small

出典ストロー80オリジナル

かわいらしい名前をしていますが、名前の通り度数80%のスピリッツです。このお酒を教訓に、お酒の名前と度数には気を付けたいものですね。

 

7位 ハプスブルグ アブサン・レッド・ラベル (ブルガリア 85度)【リキュール】

 
アブサンというおもにヨーロッパで製造される薬草系のリキュールで、このレッド・ラベルは、原料アルコールにニガヨモギを浸した後、グローブ、ペパーミント、シナモン、パセリ、コリアンダー等々、約17種類もの薬草を入れて作られたお酒です。

非常に体によさそうですが、それにしてはあまりにもアルコール度数が高すぎると言わざるをえませんね!

購入はコチラから
  

6位 バルカン176ウォッカ(ブルガリア 88度)【スピリッツ】

 
こちらのバルカン176ウォッカは、ブルガリア産の良質な大麦を原料として使用し、三回連続蒸留を行った後にボトリングされたプレミアム・ウォッカです。

2002年に発売が開始された、非常に新しいブランドで、シンプルながらも洗練されたデザインが特徴です。

購入はコチラから
   

5位 ドーバースピリッツ88(日本 88度)【スピリッツ】

 
ドーバーという名前がついているからイギリスかな?。と思われるでしょうが、じつはこちらはなんと日本で生産されているお酒なのです。堂々のランクイン!といっていいのか不安なところですが、実物(ボトル)だけならお目にかかりたいですかね?

購入はコチラから
 

4位 ハプスブルグ アブサン プレミアムリザーブ(フランス 89.9度)【リキュール】

 
先ほどのアブサンのプレミアム版です。種類が豊富で、日本国内でも取り扱っている店舗が多く、この中では比較的利用しやすいのが特徴です。

それだけで酔っぱらってしまいそうですが、匂いだけなら嗅いでみたいものですね。ほのかにアニスという薬草の香りがするのだとか…

購入はコチラから
  

3位 ノッキーン・ポチーン(アイルランド 90度)【スピリッツ】

080829magic_radio_03-compressor

出典:ノッキーン・ポチーン

とうとう90度の大台に到達しました。もはやここまで来ると「工業用アルコールだろう!」と突っ込まずにはいられない度数になってきましたね。

このノッキーン・ポチーンは、無色透明の蒸留酒でカクテルに利用されるのですが、アイルランドではストレートに挑戦する人もいるのだとか。真似したくはありませんね…

2位 エバークリア(アメリカ 95度)【スピリッツ】

everclear1ltr_1-compressor

出典:エバークリア

アメリカのスピリッツ、エバークリア。こちらはアメリカの州によっては販売自体が規制されるほどの度数の高さを誇るお酒です。

日本国内でも購入することはできないようですが、なんでもゴムのようなにおいがして、味も美味しいとは言えないようです。

   

1位 スピリタス(ポーランド 96度)【スピリッツ】

 
言わずとしれた、世界最高度数のお酒がポーランドのスピリタスです!

70回以上という耳を疑うほどの蒸留を経てできたコチラのお酒は、医療用や果実酒を作る際に使われるので、万が一にもショットで飲んだりしてはいけません。そして、スピリタスはほんの少しの火種でも発火するので、近くにある場合は完全火気厳禁です!

 購入はコチラから
 
どうでしょう。後半はもはやお酒なのかと言いたくなるものばかりでしたね。普通は何かで割ったりするものばかりです。何が何でも、ストレートで飲んだりしてはいけませんよ!

 
 

ライター

きんぼー

お酒を心から愛する「そうしょく」系ライター。 趣味はお酒のラベル収集とお店巡り。 体はビールと日本酒で出来ています。 休肝日は週2日、3日置き派です 色即是酒空即是酒。煩悩が明日への活力。髪の毛なんて飾りなのです。

きんぼーの書いた記事一覧

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報、
お酒イベント情報を、お届けします

CATEGORY - カテゴリ一覧

ページトップヘ