絶対に呑んではいけない!世界で最もアルコール度数の高いお酒TOP10

 
皆さん、「高い」お酒の度数と聞いて、いったいどのくらいの数字を浮かべますか?ウイスキーの40度ですら喉を通るアルコールの熱でやられてしまいますよね。しかし、世の中にはさらに上のお酒があるのです!

今日は絶対に呑んではいけない!世界の高アルコール度数のお酒TOP10をお送りします!


 

10位 ケーデンヘッド・エンモア1990/2000(フランス 75.7度)【スピリッツ】

ケイデンヘッド エンモア 15年 72.5度 700ml6,050円(税込 6,534 円)モラセス(糖蜜)の強い香り。非常に甘く、アニスを伴って若干スパイシーで余韻が長い味わい。商品詳細はこちら

フランスのヴェルサイユ原産のラム酒です。ヴェルサイユの蒸留所は現在は閉鎖されているため、非常に希少価値の高いお酒で所蔵品としても人気があります
 
  

9位 カロニー・オールドヴィンテージラム(イタリア 77度)【スピリッツ】

dsc-7108_IM88402

出典カロニー・オールドヴィンテージラム

トリニダードトバコのカロニー蒸留所のラム酒をイギリスでボトリングしたものですが、こちらも蒸留所の閉鎖によって現在は生産していません。

カロニシリーズはこちらから
  

8位 ストロー80オリジナル(オーストリア 80度)【スピリッツ】

188_640x640-small

出典ストロー80オリジナル

かわいらしい名前をしていますが、名前の通り度数80%のスピリッツです。このお酒を教訓に、お酒の名前と度数には気を付けたいものですね。

 

7位 ハプスブルグ アブサン・レッド・ラベル (ブルガリア 85度)【リキュール】

 
アブサンというおもにヨーロッパで製造される薬草系のリキュールで、このレッド・ラベルは、原料アルコールにニガヨモギを浸した後、グローブ、ペパーミント、シナモン、パセリ、コリアンダー等々、約17種類もの薬草を入れて作られたお酒です。

非常に体によさそうですが、それにしてはあまりにもアルコール度数が高すぎると言わざるをえませんね!

購入はコチラから
  

6位 バルカン176ウォッカ(ブルガリア 88度)【スピリッツ】

 
こちらのバルカン176ウォッカは、ブルガリア産の良質な大麦を原料として使用し、三回連続蒸留を行った後にボトリングされたプレミアム・ウォッカです。

2002年に発売が開始された、非常に新しいブランドで、シンプルながらも洗練されたデザインが特徴です。

購入はコチラから

1 2

RELATED STORIES - 関連記事

Latest - 新着記事

Ranking - 人気記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ