これだけはなってはいけない!改めて考える、アルコール依存症と急性アルコール中毒の恐怖

出典:flickr.com

一度にお酒を飲み過ぎると急性アルコール中毒を起こす可能性があり、継続的にお酒を飲み過ぎるとアルコール依存症になるおそれがあります。今回は、アルコール依存症・アルコール中毒とその予防についてご説明します。

 

アルコール依存症と急性アルコール中毒の違い

アルコール依存症

b7132f2a5493c10cbd99d0fbb8c815b4_s


アルコール依存症のICD-10診断ガイドラインによると、下記6項目のうち、過去1年間に3項目以上が1ヶ月続いたか、繰り返し出現した場合、アルコール依存症と診断されます。

1.飲酒したいという強い欲望あるいは強迫感
2.禁酒あるいは減酒したときの離脱症状
3.飲酒の開始、終了、あるいは飲酒量に関して行動をコントロールすることが困難
4.禁酒あるいは減酒したときの離脱症状
5.耐性の証拠
6.明らかに有害な結果が起きているにもかかわらず飲酒

急性アルコール中毒

traffic-lights-49698_640


急性アルコール中毒は、飲酒により意識がもうろうとなるか意識がなくなり、血圧や呼吸数が低下する症状で、死亡するケースもあります。厚生労働省e-ヘルスネットによると、血中アルコール濃度が0.4%を越えると昏睡してしまいます。

ならないためにはどうすればよいのか?

アルコール依存症の場合

・週2日の休肝日を設ける
 
PAK85_yoteihyouwotukerubiz500
アルコール依存症のメカニズムは明らかになっていませんが、依存症は一般的に、ドーパミンなどの脳内ホルモンがもたらす快感を求めて、特定の行為を習慣的に行うことから生じるといわれています。そのため、アルコール依存症にならないためには、飲酒を習慣化しすぎずコントロールできる状態にしておくことが重要と考えられます。
 
休肝日が必要な理由と休肝日のとり方については、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。
 
・過度な量を飲みすぎない
 
wine-glass-407222_640
厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」によると、アルコール依存症の原因の50~60%は遺伝要因、残りが環境要因によると推定されていると、文献に書かれています。お酒を飲んで気分が悪くなるとか二日酔いを起こす方は、その不快感から、お酒を飲み過ぎにくい傾向があります。このような不快な症状が起こしにくい方が、アルコール依存症になりやすくいといえ、自分で適量に制限する必要があります。

急性アルコール中毒の場合

・水分は必ず摂取しよう!
 
a0005_000425_m
血中アルコール濃度を下げるために、自分で水を飲める場合は飲むと良いでしょう。ウーロン茶は、利尿作用をもつカフェインを含んでいるので、水分補給には適していないと思われます。

・一気飲み・コールは絶対にNG!
 
prohibited-297091_640
東京消防庁によると、管轄内で救急搬送された人数は、平成20年から平成24年まで1万以上で、たくさんの人がアルコール中毒を起こしています。平成24年に多かった月は、12月、4月、7月の順で、飲み会が多い時期です。一気飲みをすると、血中アルコール濃度が急上昇するため厳禁です。それをあおるコールもやめましょう。

 
アルコール依存症は内臓の病気を招き、アルコール中毒を起こすと、生命に危険があります。アルコール依存症になると、リハビリ治療のために余計にお酒が飲めなくなるかもしれません。適度なお酒は有益なので、少しずつ楽しみましょう。

ライター

ロンボ

「NOMOOO」ライター。好きなお酒はワインと焼酎です。蔵元やワイナリー訪問もしたりします。最近は醸造酒の魅力にも気付きました。「酒は蔵元で飲むのが一番上手い」がモットーです。

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報、
お酒イベント情報を、お届けします

CATEGORY - カテゴリ一覧

ページトップヘ