芋、米、麦、それぞれの味わいの特徴って?種類別に解説してみた

みなさん、焼酎はお好きですか?
ソーダやジュースでサワ―にしたり、お湯割り水割り、ロックと様々な楽しみ方ができることに加えて、
蒸留酒なため、糖質を気にしていても安心して楽しむことができます。

ところで、みなさんは原料の違いを意識していますか?
有名な銘柄をなんとなく飲んでいるという方も少なくはないと思います。

「今夜は○○の気分。」とお酒を選ぶことができたら、なんだか上級者っぽくてかっこいいですよね。
そこで、お酒好きなら知っておきたい原料による焼酎の違いをまとめてみました!

焼酎甲類と乙類って?

焼酎甲類と乙類の違いは製造方法。
甲類は連続式蒸留器で蒸留を行っており、蒸発、分縮、還流という作業を経て高純度のアルコールが取り出されます。そのため、甲類は無色透明で癖のない味わいになります。
また、糖質・脂質がゼロ、悪酔いしにくい、アルコール度数が36%未満ということも特徴です。
主に、サワーなどジュースや炭酸で割って飲まれています。

一方、乙類は単式蒸留器で蒸留されています。
シンプルな蒸留方法により、アルコール以外の香りの成分も抽出されるため、原料の風味が生きる独自の味わいになります。
アルコール度数も、45%未満と少し高めに規定されており、香りの違いから甲類と比べて「本格焼酎」と呼ばれています。

甲類と乙類を混ぜたものは「混合焼酎」と言います。
お互いの特徴を補てんしており、甲類の香りづけに乙類を混ぜる、乙類の癖を中和するために甲類を混ぜるなどの目的でブレンドされています。

それぞれに良さがあることがわかりますね。
今回紹介するのは、乙類です!

麦の特徴

pixta_22622866_m

麦焼酎は、香ばしさとまろやかな甘みが特徴。ウイスキーやジン、ウォッカなど麦は多くのお酒の原料として麦が使われているため親しみやすくクセを感じにくいです。
そのため、万人受けする焼酎だと言えます。
麦の軽くやわらかい味わいを楽しむためには、ロックが一番。味の濃いおつまみにもよく合います。

おすすめの麦焼酎をご紹介!

「二階堂 吉四六」

麦焼酎の名門、二階堂による逸品、「二階堂 吉四六」。
すっきりとした味わいとまろやかな舌触りのお酒が個性的な壺にたっぷりと入っています。タイムスリップしたような気分に浸れますね。
吉四六 壷 25° 720mlの購入はこちら

「一粒の麦」

香ばしくシャープなキレが特徴の、「一粒の麦」。
焼酎界の革命として名高い西酒造がおすすめする逸品です。キレを楽しむためにもぜひロックでどうぞ。

西酒造 一粒の麦 25度 1800mlの購入はこちら


芋の特徴

pixta_17722460_m

芋焼酎の特徴は、何といってもその癖のある香り。
焼き芋を彷彿させるような、甘くふくよかさがあり、好きな人は好き、嫌いな人は嫌いと人によって好みがわかれやすいです。
また、喉にグッとくるような飲みごたえも特徴。
そのため、特有の粗さ加減を楽しみたい人はロックおすすめです。

香りが強いので、お湯や水で割っても風味を損なうことなく美味しく飲むことができます。

特におすすめの焼酎をご紹介!

「赤霧島」

原料は幻の紫芋と言われるムラサキマサリが、原料の「赤霧島」。
後を引く上品な香りが特徴です。

霧島酒造 赤霧島 25度 900mlの購入はこちら

「白玉醸造 魔王 芋焼酎」

すこし価格が高めですが、香りがよく飲みやすい味が特徴です。
自分へのご褒美にぜひどうぞ。

白玉醸造 魔王 芋焼酎 25度 720ml 鹿児島県の購入はこちら

米の特徴

pixta_23493332_m


日本酒のような、爽やかでフルーティな味わいが特徴。香りも華やかです。
美味しい水と美味しい米だけでできているため、すっきりとした味わい。

非常に口当たりがよく飲みやすいので、ストレートや水割りがお勧め。
うまみは強いですが癖が少ないので、素材そのものを味わう和食によく合います。

おすすめの米焼酎をご紹介!

「吟香鳥飼 球磨焼酎」

他の米焼酎とは一線を画すお酒、「吟香 鳥飼」。
まるで高級な日本酒のような上品な吟醸の香りが特徴です。

吟香鳥飼 球磨焼酎(米) 25° 720ML ≪熊本県≫の購入はこちら

「大石酒造場 大石」

個性的な味わいを持つ「大石」。
そのままでも美味し米焼酎を、シェリー樽に3年、コニャック樽に5年貯蔵したものをブレンドしているため、独自の香りを楽しむことができます。

大石酒造場 大石 25度 720ml 1本の購入はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。それぞれの特徴や楽しみ方などがおわかりいただけたでしょうか。
知識として頭にいれつつ、実際に飲んでみるのが一番!飲み比べて、違いを楽しんでみてください。。

また、焼酎の原料は50種類以上あります。なんと紅茶や栗などの変わり種も。
お好みのものを探してみてくださいね!

こちらの記事もオススメです

heath

ライター

heath

お酒業界の人間ではありません。しかし毎週、お酒に関わるビジネスについて本気で考えてます。「URBAN TRAIL DIARY」というブログにて、様々なビジネスについて考察してます。

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報、
お酒イベント情報を、お届けします

CATEGORY - カテゴリ一覧

ページトップヘ