あなたのお酒ライフをもっと楽しく!お酒の総合情報メディアNOMOOO(ノモー)

お酒の総合情報メディアNOMOOO(ノモー)はリニューアル致しました。 新規サイトはコチラ
 
kurand

実は同じじゃない!スパークリング・ワインとシャンパンの違いとは?!

実は同じじゃない!スパークリング・ワインとシャンパンの違いとは
 
こんにちは。Quishinです。今回は、スパークリング・ワインとシャンパンの決定的な違いについてご紹介します。日本人はスパークリング・ワイン=シャンパンとくくりがちですが、実は違うのです。
 
 

シャンパンとスパークリング・ワインとはそもそもどういうものなのか?

実は同じじゃない!スパークリング・ワインとシャンパンの違いとは
Some rights reserved by chrischapman
 
タイトルに対して最初から結論を申し上げますと、シャンパンとスパークリング・ワインは違い云々という話ではなく「スパークリング・ワインの一種がシャンパンである」という回答です。日本では未だに、スパークリング・ワインのことをなんでもかんでも「シャンパンとひとくくりにして言ってしまう風潮がありますが、これは間違いです。
 
フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリング・ワインのことを、「シャンパン」と呼びます。つまり、ブランド名のようなものなのです。一般的に赤、白、ロゼなどの色がある一番なじみのある「普通のワイン」のことはスティル・ワイン、またはテーブル・ワインと呼びます。「スティル」は、「静かなしんとした」という意味がありつまり「発泡性ではない」ということを意味しています。テーブル・ワインと呼ぶのは、その名の通り、食卓に並ぶお酒という意味です。逆に、スパークリング・ワインはコルクを「パンッ!」と空ける楽しさなどもあってパーティ向けと言えるのではないでしょうか。
 
 

シャンパン、スパークリング・ワインについてあれこれ

2822306357_790d060ea9_z
Some rights reserved by epicxero
 
食前酒としても知られますので、披露宴などで最初に出てくるお酒であることも多いです。
その定義としてひとつ知られているのが、「3気圧以上のガス圧を持ったもの」です。それ以下の気圧のものは、弱発泡性ワインなどと呼ばれ、スパークリング・ワインではないという扱いになります。
 
スパークリング・ワインで有名な銘柄のひとつに、シャンパーニュ製法で作られた「クレマン」があります。ここで気になるのが「シャンパーニュ製法」という言葉があります。それってシャンパン?と思ってしまいますが、違います。これはあくまで製法の話であり、ちょっとややこしい話ですが、ブルゴーニュやボルドーといった「シャンパーニュ地方以外のブドウを使って、シャンパーニュ製法で作られたスパークリング・ワイン」というものが存在するわけです。その代表格が「クレマン」です。
シャンパーニュ製法の上質なスパークリング・ワインでありながら、
ブランド物のシャンパンよりもお手頃な価格である場合がほとんどです。

 
 

最終的に大切なこと

2961751867_a74ea328e4_z
Some rights reserved by Sergey Melkonov
 
シャンパンというのはブランドだと上にも書きましたが、シャンパンと言ってもいろいろあって、品質の低いまずいシャンパンだってもちろんあります。
逆に言うと、シャンパンという名前がついていなくても上質なスパークリング・ワインというのはたくさんあるわけです。
クレマンの他にも、カヴァやゼクトなど様々なものがあります。一度飲んでみると、シャンパンに負けていないその味わいに感動します。何事もブランド名に惑わされず、自分に合ったいいものを選ぶ審美眼を持ちたいものです。
 
 
気になるお酒を少しずつ・・「NOMOOO(ノモー)
日本酒の定期購入(頒布会)サービス「KURAND
あなたのお酒ライフを楽しくするお酒スタイルマガジンNOMOOO PLESS
 
 

Quishin

Quishin

1985年、神奈川県小田原市生まれ。くいしんは過去にNSC東京10期生として吉本興業でお笑い芸人をしたり、ディスクユニオンで中古レコードを売ったり、音楽専門誌で編集者/記者をしたり、してました。現在はウェブ関係の事業を準備しつつライターやってます。
Twitter https://twitter.com/Quishin
Rubus http://rubus-web.jp
Blog http://ameblo.jp/quishin/
  

PAGE TOP