あなたのお酒ライフをもっと楽しく!お酒の総合情報メディアNOMOOO(ノモー)

 
kurand

まさに最高級!幻の高級プレミア日本酒「十四代」の魅力に迫る

十四代
出典:樽一瓦版:十四代

 

皆さんこんにちは。
皆さんは「十四代」という日本酒についてご存知でしょうか?十四代は山形の日本酒で非常に高級なプレミア銘柄として有名。今回はそんな日本酒十四代の魅力に迫っていきたいと思います。
 
 

十四代は何故これほど人気なのか?

数ある日本酒の中で、何故十四代がこれほどまでにもてはやされるようになったのでしょうか。その秘密に迫ります。
 

十四代はフルーティーで甘みのある大吟醸酒として登場

十四代の人気に火がついたのは、平成6年頃。当時淡麗辛口な日本酒がブームだった最中、フルーティーで甘みのある大吟醸酒として十四代は登場しました。十四代は穏やかな吟醸香とまろやかな甘みでたちまち大ブレイク。全国の量販店や酒屋さんでこぞって十四代を取り扱うようになったのです。
 

十四代の生みの親「高木顕統氏」

十四代の魅力を語る上で外せないのが、専務兼杜氏である「高木顕統氏」。十四代の蔵元である高木酒造の15代目の後継ぎとして十四代の酒造りを牽引してきました。高木顕統氏は東京の大手百貨店の勤務経験があり、経営者としてのセンスもある若き天才杜氏と呼ばれています。そんな高木顕統氏の手によって東京での十四代の販売は成功したと言われています。
 
 

十四代の蔵元「高木酒造」とは

十四代の醸造元
出典:楽浪の近江:十四代の蔵元:高木酒造/

 

十四代を生み出した蔵元「高木酒造」は山形県の村山市に蔵を構えております。冬には深い雪に覆われる、人里離れた地で十四代は生みだされるのです。元々高木酒造は「朝日鷹」と呼ばれる銘柄で地元には知られておりました。今でも高木酒造の地元である村山市にいけば酒販店に朝日鷹が並んでおります。そして「十四代」という銘柄は十四代当主の高木辰五郎氏が「十三代」「十四代」「十五代」「十六代」などを商標登録出願したところ、通常、数字は許可されないのですが、なぜか「十四代」だけが登録査定されたことで十四代という銘柄が誕生しました。
 
 

十四代の名を冠する日本酒

ここで十四代の名を持つ日本酒をご紹介します。
 

十四代 本丸 秘伝玉返し

十四代 本丸 秘伝玉返し本丸と付く物は十四代の本醸造酒。しかしそのフルーティーな味わいは他の吟醸酒と比較しても遜色ありません。甘味と辛味のバランスのとれた1本です。
出典:酒と猫と温泉の日々
:十四代

十四代 龍の落とし子

十四代 龍の落とし子龍の落とし子と名付けられた高木酒造のオリジナルな酒米から造られた純米吟醸酒。十四代ならではのキレとノド越しを味わえる最高級な1本です。
出典:たまに呑むからまた旨い:十四代

十四代 中取り大吟醸 播州山田錦

十四代 中取り大吟醸 播州山田錦希少な酒造米の兵庫県特A地区山田錦を35%まで磨きあげて造られた十四代。低温熟成によって味が引き締まり、きれいな甘さと濃厚な旨味を感じることが出来ます。めったにお目にかかれない幻の1本です。
出典:十四代 中取り大吟醸 播州山田錦

番外編:十四代 秘蔵純米焼酎

十四代 秘蔵純米焼酎生産量も僅かな為、日本酒「十四代」以上に入手困難な米焼酎。長期貯蔵と熟成を経た上品な味の米焼酎で、吟醸酒のようなフルーティな吟醸香、クセの無い深い味わい、芳醇な香りが特長です。
出典:フォトログ:十四代 秘蔵純米焼酎

幻の高級プレミア日本酒十四代についていかがでしたでしょうか。
日本酒好きなら十四代は是非一度は飲んでみたいですよね。最近ではちょっと日本酒に凝った居酒屋さんなどで扱っていることも多いので、十四代を飲めるお店を探して足を運んでみるのも良いですね。
 
 
お酒の通販サイトNOMOOO(ノモー)
新鮮で旬な日本酒の定期購入サービス蔵宅
オリジナル飲み比べセットを作ろう!蔵くらべ
 
 

M_Suzuki

M_Suzuki

NOMOOO PRESS」編集者。お酒の魅力を伝えていきます。「日本酒は難しい」「お酒のウンチクは嫌だ」という方でも、楽しく読んでいただけるようなライティングを心掛けてます。趣味は蔵元巡り、お酒のプロデュース。
  

PAGE TOP