あなたのお酒ライフをもっと楽しく!お酒の総合情報メディアNOMOOO(ノモー)

お酒の総合情報メディアNOMOOO(ノモー)はリニューアル致しました。 新規サイトはコチラ
 
kurand

知っておいて損はない!高級プレミア焼酎一覧!

3m
出典:USHIO’S BLOG

 

 

皆さんこんにちは。
今回は「プレミア焼酎」と呼ばれる、生産量が少なく、中々手に入りずらい高級焼酎について紹介していこうと思います。
今では大分落ち着きましたが、一時期のプレミア焼酎ブーム時には、一世を風靡した焼酎です。
サラリーマンの方は知っておいて損はありませんよ。
 
 

3Mと呼ばれる焼酎達

鹿児島県を誇り、プレミア焼酎を代表する3Mと呼ばれる3大銘柄を紹介します。これらは皆さんも一度は聞いたことがある名前だと思います。
 

森伊蔵(もりいぞう)

2154982005_53f18516d8_bAll rights reserved by amorimur
 
皆さんご存知、森伊蔵。明治18年創業、有限会社森伊蔵酒造が造る鹿児島の芋焼酎です。手間がかかる伝統的な甕壺(かめつぼ)による小仕込みで、生産量が極めて少なく幻の焼酎と言われています。原料の芋は黄金千貫を使用。アルコール度数は25%です。蔵元HPより「電話予約」が可能で、自動抽選されて定価で入手することも可能です。
森伊蔵に関しては、こちらの記事でも紹介しています。合わせてご参照ください。
 

魔王(まおう)

mao
All rights reserved by *sii
 
鹿児島県の白玉醸造が造る芋焼酎。「天使を誘惑し、魔界の王へ最高の酒を調達・献上する悪魔たちによってもたらされた特別なお酒」が命名の由来だそうです。芋焼酎なのに、芋臭さが感じられなく、ドライでシャープなすっきりした味わいが特徴です。麹として米麹を用いており、アルコール度数は25度。
 

村尾(むらお)

murao
出典:地鶏処咲良
 
創業明治35年の村尾酒造が造る、鹿児島の芋焼酎です。焼酎造りの天才と言われる村尾寿彦氏が、原料調達から、生産、配達まですべてを1人で賄っているため、量が限られて限定焼酎となりました。自らを焼酎の奴隷というくらい、焼酎造りに打ち込んでいる方です。ちなみに、村尾酒造が造る代表銘柄は「薩摩茶屋」。こちらもファンが多く、手に入りにくい状態になっています。良質なカライモを使用して熟成している、本格長期熟成焼酎です。
 
 

まだまだある!プレミア焼酎

八幡(はちまん) ろかせず

hachiman
 
明治40年創業の高良酒造が造る、鹿児島の芋焼酎。普通はろ過することで雑味や臭みを取り除きますが、この焼酎は名前の通り無濾過。でも仕込みや蒸留の段階で手間がかかっており、芋本来の旨味や甘味、コクが充分に楽しめる逸品です。アルコール度数は35度と高めです。
出典:鹿児島県酒造組合
 
 
 
 

伊佐美(いさみ)

isami
 
明治32年創業の甲斐商店が造る、鹿児島の芋焼酎です。観光地として有名な「東洋のナイアガラ」と言われる曽木の滝がある鹿児島県大口市に立地しています。プレミアム焼酎の原点ともいえ、手に入りにくい焼酎です。さつま芋を原料に、米麹を使用して熟成させています。アルコール度数は25度。
出典:鹿児島県酒造組合
 
 
 

佐藤(さとう) 黒

url

 
明治39年創業の佐藤酒造が造る、鹿児島の芋焼酎です。黒麹仕込み独自の力強さがあり、原材料は黄金千貫を使用。アルコール度数は25度です。上記の3Mに続き、手に入りにくい焼酎です。「佐藤 白」もあります。
出典:佐藤酒造有限会社
 
 
 
 

百年の孤独(ひゃくねんのこどく)

show_image

 
明治18年創業の黒木本店が造る、宮崎県の麦焼酎です。麦焼酎「中々(なかなか)」の原酒を木樽で長期熟成させた焼酎です。アルコール度数は40%と高め。大麦製の焼酎を長期間貯蔵し熟成させることによって造り上げた本格焼酎の絶妙なる逸品です。地元宮崎県でも簡単には手に入らない焼酎で、焼酎ブームの火付け役です。銘柄はコロンビアの作家”ガルシア・マルクス”の有名な小説のタイトルからとられています。
出典:アンティーク腕時計のコレクション!CANブログ[2013年]

 
 
 
 
 
 
 
 

十四代(じゅうよんだい)

juuyondai

 
創業元和元年(1615年) 、山形県の高木酒造が造る米焼酎。あの日本酒で有名な銘柄「十四代」の蔵元が造る、米焼酎です。日本酒の「十四代」以上に入手困難とされています。シェリーの古樽に熟成させたもので、非常に生産本数が少ないです。アルコール度数は40度です。
出典:焼酎ランキング.com
 
 
 
 
 
いかがでしたでしょうか?
飲んだことはなくても名前は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?
他にもプレミア焼酎はありますが、このあたりの銘柄を知っておけば今日からあなたも焼酎通ですね。
 
町の酒屋さんに行った時はこれらの掘り出しものがないかチェックしてみるのも良いかもしれませんね。
次回はプチプレミア焼酎を紹介します。
 
 
お酒とおつまみの通販サイトNOMOOO(ノモー)
 

M_Suzuki

M_Suzuki

NOMOOO PRESS」編集者。お酒の魅力を伝えていきます。「日本酒は難しい」「お酒のウンチクは嫌だ」という方でも、楽しく読んでいただけるようなライティングを心掛けてます。趣味は蔵元巡り、お酒のプロデュース。
  

PAGE TOP